IISメモ-証明書と動的ページ生成方法

IISのSSL証明書周りと動的ページの表示について調べた時のメモ

SSL証明書

SSLテスト用にサーバ証明書を自己発行する(IIS 6.0編)
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=17275
selfssl.exeコマンドを使ってcmd上で実行することによってオレオレ証明書が作成可能
C:\Program Files\IIS Resources\SelfSSLにインストールされているはず

[CSR生成] Microsoft Internet Information Services 7.0、7.5(新規・更新)
https://jp.globalsign.com/support/csr/01.html
グローバルサインでは、スキップ申し込みサービスというものがあり
グローバルサイン側でCSRおよび秘密鍵を自動生成し、証明書発行をすることができる

SSLサーバ証明書のインストール(Microsoft Internet Information Services 7.0/7.5)新規・更新
http://www.toritonssl.com/support/manual/04-9.html
IIS7.5 で自己証明書を作成する方法
http://www.websec-room.com/2013/02/18/57
SSL証明書 を IIS6 から IIS7.5 へ移行 (エクスポート)
http://blogs.gine.jp/taka/archives/1387
SSL証明書 を IIS6 から IIS7.5 へ移行 (インポート)
http://blogs.gine.jp/taka/archives/1386

動的ページを表示する仕組み

インターネット Web サーバー構築ガイドライン (ドラフト版)
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/ff625168.aspx
動的ページを表示する仕組みとしてASP(Active Server Pages)が特徴的
マイクロソフトがIIS用に開発した仕組みで、JScript(マイクロソフト版のJavaScript)や
VBScriptといったスクリプト、C#という言語で開発したプログラムなどをIIS上で実行できる
ASPには、スクリプトの起動や出力結果の受け取りがCGIより速い、
データベースと連携するための機能などが用意されているといった長所がある

メニューを閉じる