Developers.IO 2018 に参加した – そのいち –

Developers.IO 2018に参加した。その際のメモ。

「コンテナジャーニー」〜明日から速攻始めるAWSでのコンテナ導入運用〜 濱田孝治氏

「コンテナジャーニー」〜明日から速攻始めるAWSでのコンテナ導入運用〜 #cmdevio2018


すべて記事にわかりやすく記載されているが、せっかく書いたので、、メモを残しておく。

コンテナジャーニーのススメ

・コンテナ = dockerという前提での発表
・導入にあたり様々な障壁がある
 導入時に考えるべきは、アプリケーション開発と運用すべて
・スムーズな導入のためにもコンテナジャーニーを提案する
・最初に一人で利用してみる。手始めにPandocの利用(document変換ができる)がオススメ
・テストツールのイメージ化から進めるとよいかも

どこにイメージをおくか

・Docker Hub:無料で1つプライベートイメージを保持可能
・Docker Hub はパブリックだから使えない場合は、ECRを使おう!(逆にパブリック公開はできない)
・IAM制御するため、特定のユーザだけはアップロード可能、その他はダウンロードのみなど運用がよさそう

どこで実行するか

・Fargateを利用すると、コンソールからEC2が全く見えなくなる。EKSとはまだ連携できない

Fargate 注意点

・設定は環境変数に。DB接続先などは外から与えないといけない
・ログはバッファリングしない。標準出力するようにする
・ログドライバはawslogsしかない(標準ではCloud Watch Logsのみ)

その他

・Subversionだとしてもフック機能を利用して、Gitにコミットするようにすればうまくいくかも
・コンテナのセキュリティを検査するツールが多々ある

基礎から応用までじっくり学ぶ「AWSでのネットワークの作り方」 梶浩幸氏

#cmdevio2018 基礎から応用までじっくり学ぶ「AWSでのネットワークの作り方」で登壇しました。

・EC2へ固定IPアドレスを利用すると、CloudFormationで問題が発生することがある
・VPC作成時に暗黙的にルーターが1つ作成される
 ・subnetから別subnetにアクセスする際にこのルーターを経由する
・経路はルートテーブルで設定する
 ・ネットワークACLはこのルーターとsubnetの間のFirewallのイメージ
・VPC PeeringのMTUサイズは1500byteのみ
・NLBは1アーム構成(戻りバケットはNLBを経由せず、EC2が直接クライアントと通信する)
・NLBを利用したPrivateLinkは他社と連携しやすお(IPアドレス形態が重複しても良い)

いつでもどこでもオフィスになる魔法の仕組みWorkSpaces 豊崎隆氏

Developers.IO 2018 で「いつでもどこでもオフィスになる魔法の仕組みWorkSpaces」を話しました #cmdevio2018

・WorkSpacesはAWSのVDI(サーバ上のデスクトップ環境を提供する基盤のこと)
・ChromeBookから利用すると、キーマッピングがうまくいかないらしい(半角・全角が機能しない?)
・4172ポートで通信する
・満員電車から解放される!
・リモートワークするときは、BYODや働き手のパフォーマンスが向上するルールを検討しなければならない

WorkSpacesの利用を制限することができる

・MFA
・送信元IPアドレス
・デバイス認証(クライアントへ証明書をインストール)
・グループポリシーでの制御

費用

・Windows10で1台月額43ドル
・Office+セキュリティソフトで月額15ドル

ライセンス持ち込み

・OSのライセンスを持ち込む場合、4ドル値引きされるが、制約が多々ある
 ・Didicated Instance利用必須
 ・最低200WorkSpacesなど

運用について

・AZ障害が発生したときに、余計にIPを消費するため、ネットワークのIP数は余裕を持って設計したほうがよい
・WorkSpaces Application Manager(東京リージョン利用不可)に期待
 アプリケーションを配布することが可能

知って備えれば怖くない! AWS移行ガイド 加藤諒

Developers.IO 2018 で「知って備えれば怖くない!AWS移行ガイド」を話しました #cmdevio2018


・移行チームを作る際に、ベンダーで悩むことがあるかもしれない
 その場合は1社であることにこだわらず、適切な箇所に適切なベンダを利用したほうが良い

DevOps:変化の激しい環境でビジネス競争力を向上させる具体的な方法 藤村新氏

Developers.IO 2018 で「DevOps:変化の激しい環境でビジネス競争力を向上させる具体的な方法」を話しました #cmdevio2018

・DevOpsという言葉がずるいと感じている
・最初は「Dev vs Ops ではなく仲良くしましょう」であったが、その後さまざまな解釈がある(明確な定義がない)
・アジャイルやツールなどさまざまなものでDevOpsが成り立っており、すべての成功はDevOpsが理由とされているためずるいと感じる
・クラスメソッドのDevOpsサービスの目的はビジネス競争力の向上
・ビジネス競争力を向上させる具体的な方法(リードタイムを短くする)
 →VSMを実行して、ボトルネックを排除していく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください