【Debian】パッケージ管理

dpkg

Debianシステム(ローカル)上でパッケージ操作するための基本的なツール

dpkg –list

インストールされたパッケージを表示

dpkg –get-selections “*”

インストールしたパッケージの一覧表示

/var/lib/dpkg/status

パッケージ状態を確認する

dpkg –audit

インストール中断や設定失敗など何らかのエラー状態にあるパッケージを表示

apt

dpkgと比較して、リポジトリからdebファイルを取得できること、依存関係の自動解決が大きなメリットとなる
ただし内部ではdpkgを利用している

apt-cache

アーカイブで提供されているパッケージ群の情報を参照や検索用コマンド

apt-cache dumpavail

ローカルに保持しているすべての情報を表示

apt-cache policy perl-base

Pin値を表示する
pinを設定後、確認のために利用するべし

apt-cache show sl

パッケージの情報を表示

apt-get remove sl

パッケージを削除

apt-get –purge remove sl

パッケージを完全削除(設定ファイルも削除する)

apt-config dump

aptの設定を表示する

apt-rdepends phpmyadmin

依存関係を表示する

var/lib/apt/extended_states

aptとaptitudeにて自動インストールしたパッケージ情報を記録している

aptitude

aptよりも強力。apt-get/cache環境での利用に注意。
aptitudeでインストールし、apt-getで削除するとaptitudeではまだインストールされたものとして認識されることがある
これはaptitudeではaptやdpkgとは別の情報を持っているためである

aptitude autoclean

インストールに利用したdebファイルを削除する
(通常はdebファイルを/var/cache/apt/archivesにダウンロードして、インストールに利用後、何も処理しない)

aptitude download sl

debファイルをダウンロードする

aptitude changelog sl

パッケージの変更履歴の表示

/var/lib/aptitude/pkgstates

インストール状態情報を記録

http://snapshot.debian.org/

過去の特定の日付のリポジトリを参照することができる

メニューを閉じる