クラウドは次の時代へ。これからのマルチクラウドを4人のスピーカーが語り尽くす に参加した

クラウドは次の時代へ。これからのマルチクラウドを4人のスピーカーが語り尽くすへ参加した。その際のメモ。

ビックデータ分析基盤の成長の軌跡 – 白子 佳孝氏

・クライアント(リクルートと契約した企業)とユーザを結びつけるマッチングプラットフォームを開発している

・Mirror-Redshift
 ・金曜日の夜にスナップショットをとり、そこからクラスターを作りデータ鮮度を求めない分析をするようにしていた
・2017年にBigQueryの導入によって、大規模に環境が変わった
 ・データやユーザが増えても性能劣化が起きない、キャパブラ不要なDWHに乗り換える流れに

・今後やりたいこと

クラウドに関わる営業の本音、クラウドサービスの使い分け – 蔦野 岳人氏

オラクルとOracle Cloudについて

・オラクルは今大きな変革の中にある
 売り物がON-PREMISEからCLOUDへ
・Oracle Cloudはオンプレミスからクラウドへの完全互換性を謳っている
・ボトルネックを排除したアーキテクチャが売り
 元Amazonの人間とGoogleの人間が作っている
・IaaSでは低コストに力を入れている

今後営業に必要なマインドセット

・薄利多売のビジネスであることを理解すること
・クラウドは小さく入り込んで、大きく育てる
・営業先は情シスだけでなく、他部署へのアプローチも可能

マルチクラウドについて

・メリットはテクノロジーのいいとこどり、デメリットは運用の複雑化

シャドーITへの対策として -CASB-

・防いだ事例
 ・Dropboxの私物利用
 ・転職にあたり顧客データの持ち出し
 ・インスタンスを起動して、コインマイニング

少し違った目線で考える、マルチクラウドのメリット、デメリット – 山田 雄氏

・ビールを奢れば、データ基盤の相談に乗ってくれるらしい

81

・81% – クラウドを使っている企業がマルチクラウドである割合
・ActiveDirectoryやG Suiteなどを利用しているとマルチクラウドとしており
 なぜかマルチプライベートも入っているため割合が高め

各クラウドベンダーの姿勢

・AWSは否定派かも。CEOのインタビューから、複数のシステムの学習コストがかかる
 ボリュームディスカウントを考えると1つのほうがよい
・GCPはマルチクラウド、ハイブリッドクラウドを推奨している
 GCNextの3大メッセージに、ハイブリッド・マルチクラウド・オープン戦略がでていた

境界での問題にマルチクラウドは弱い

・S3からGoogleへデータを送信したときに、gsutilを使っていると中間ファイルが残るなど、スムーズに動作しない部分があった
 AWSへ問い合わせたところGoogleのツールなので、、Googleに問い合わせたところS3のため、、結局コードを追うことに

技術以外のメリットと、ちょっとしたデメリット

・AWSやGCPなど、人脈が広がり、横連携が強くなる
・サンフランシスコ(Google Cloud Next)、ラスベガス(re:Invent)にいける!
・技術的戦略がなく楽しい!BigQueryもRedshiftも利用できる
・両方の新サービスを追えない(勉強コストの増大)
⇒絞って学習している。現状GCPのビックデータ周りは把握しているが、AWSは理解できていない部分がある
・マルチクラウドという観点でのメンバ採用が難しい

マルチ クラウドだけでいいのか? AI/IoT時代のクラウドのあり方 – 山﨑 亘氏

・ウフル:スワヒリ語で自由を表す

IoTのキーワード – 分散と更新

・例えば来場者の画像を取って、クラウドに送るような場合、次のようなデメリットが発生する
 ・レスポンスが悪い
 ・通信コストがかかる
 ・セキュリティが心配
・上記場合は、データをエッジ側で処理すれば問題は解決する
・しかし運用していくと、次のような要望も出てくる
 ・AIモデルの更新が必要
 ・センサーデータ取得の間隔や位置も更新が必要
・これらの解決策として、enebularを開発している

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください